2021年 12月 4日 (土)

あまりにも気の毒...夏目三久「あさチャン!」最終回 残り時間少なく挨拶「尻切れ」に

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2014年3月にスタートした「あさチャン!」は、きょう30日(2021年9月)、最終回を迎えた。7年半にわたってMCを務めた夏目三久は、1度も病欠せず、遅刻もせず、毎回午前3時40分にTBSに入っていたそうだ。きょうの番組では、過去の懐かしい映像をたっぷり振り返った。

   「初回の放送がきのうのことのようです。本当にあっという間でしたね」と夏目。相撲ファンの夏目が、スタジオに登場した力士に大興奮したシーンや、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の星野源と新垣結衣がスタジオを訪れ、全員で「恋」ダンスを完璧に踊った映像も流れた。

  • 番組サイトより
    番組サイトより
  • 番組サイトより

「サプライズ」エールが始まって...

   エンディングまで残り15分となったところで、夏目の仕切りで出演者全員が1人ずつ挨拶をし、いよいよ最後に夏目の挨拶かという流れで、隣にいた藤森祥平アナウンサーが「打ち合わせでは映像をご覧いただくことになっていたんですが、スペシャルゲストをお招きしています」とサプライズ。日本唯一のプロ応援団を自称する「我武者羅應援團」の3人組が登場した。

   応援スタイルで声を張り上げながら、「あなたはたくさんいる番組スタッフの顔を全員覚え、自分から挨拶しました。その心配りが制作チームの団結力を生み出した」「今回スタッフから、サプライズで夏目さんを応援したいと依頼がありました。夏目さんは大切な放送時間を自分のために使うことを良しとしないので、サプライズじゃないとダメなんだとスタッフは言っていました」「夏目さん、あなたを見ると前向きな気持ちになれるのは、あなたが人としてちゃんとしているからだ。視聴者のみなさんとちゃんと向き合っているからだ」「日本の朝を明るくしてくれて、ありがとう」などと7分超にわたってエールを送り、夏目も時折目を潤ませながら聞いていた。

   ところが、このエールがサプライズだったせいか、時間配分がうまくいかなかったようで、「フレー、フレー、夏目三久」と終わったのは、なんと番組終了直前の7時59分。夏目に残された時間はわずか13秒間しかなく、「ありがとうございました。とてもびっくりしました。本当に心のこもったメッセージ、ありがとうございました。そして視聴者のみなさま、7年半ありがとうございました。きょうもご覧いただき、ありがとうござい...」と言うのが精いっぱい。最後は尻切れトンボで。SNS上では「夏目ちゃんの最後の挨拶、楽しみにしてたのに」「夏目ちゃん、気の毒」などと同情の声で炎上していた。

(キャンディ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中