2022年 5月 29日 (日)

新しいグルメドラマ この楽しみ方アリ?ナシ?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新しいグルメドラマがスタートした。その名も「#居酒屋新幹線」(毎日放送、TBS系)。損保会社の内部監査室に勤務する高宮進が主人公。昨今、経費削減緒ため日帰り出張を余儀なくされており、楽しみといえば、出張先で見つけた郷土料理やご当地グルメ、そして地酒。それらを購入し、帰りの新幹線でじっくりと味わう。東京に帰るまでの数時間が『居酒屋』になるというわけ。

瀬戸物の器に盛りつけ、おちょこで...

   12月15日未明(2021年)放送の第1話は「新青森」編。東北新幹線車内が舞台だ。新青森駅から東京まではJR東日本管内の新幹線でも最長の距離なので、たっぷりと楽しめそうだ。

   ドラマは居酒屋新幹線で宴を始める前、現地でのおつまみや酒の調達から始まる。ゲストが、先日「水曜日のダウンタウン」で、「久しくみてない女タレントが死ぬほど整形していても指摘しづらい説」で、カラダを張って視聴者から爆笑をかっさらった新山千春だったので笑ってしまった。なんともタイムリー。青森出身で流暢なお国言葉を披露していた。

   高宮が宴の仕込みに訪れたのは、青森魚菜センター。そこで、生ものだからとテイクアウトを拒否された海鮮丼は諦め、メインには生姜味噌おでんを、ほかににしんの切込、ミズ(山菜)の煮物、そして、酒は材料すべて青森産にこだわった菊乃井。

   新幹線車内に乗り込み、いよいよ居酒屋開店......となるわけだが、ここで驚いたのは、テーブルに並べる時、どこから持ち込んだのか、パックではなく、ちゃんと瀬戸物の器に盛りつけ、小瓶の酒をおちょこで?む様子。

   ご本人はご満悦だが、かりにこれをお隣の席でやられたら迷惑な話だ。3人掛けの通路側だったが、隣の人がトイレに行くとき、かなり面倒なことになる。などと考えていたら、ドラマに集中できなくなった。

   居酒屋新幹線なので、呑みテツ? あんまり派手にやられると、これはあちこちでお騒がせの一部の撮りテツ以上の迷惑行為かも。真似をする視聴者が増えると困る。「よい子は真似しないでね」。

(子守熊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中