2022年 1月 23日 (日)

みずほ銀行、またまた...システム障害 羽鳥慎一「これだけ続くと...」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「またトラブルが起きてしまいました」ときょう12日(2022年1月)の「モーニングショー」でMCの羽鳥慎一が切り出したのは、みずほ銀行のシステム障害のニュースだ。ここ1年間で10回目となるトラブルについて伝えた。

   みずほ銀行の法人向けインターネットバンキングサイトで11日、不具合が発生し、入出金の多い3連休明けにもかかわらず、サービス開始からログインしにくい状況となった。このため、みずほ銀行は利用客に対し、他の金融機関の利用などを呼びかける異例の対応をとった。鈴木俊一財務相はきのうの会見で「銀行というのは社会の重要なインフラ。極めて遺憾」と苦言を呈した。

  • みずほ銀行サイトより
    みずほ銀行サイトより
  • みずほ銀行サイトより

テレ朝デスク「言われたこともできない状況に陥っている可能性」

   みずほ銀行では昨2021年2月に4300台以上のATMが停止し、キャッシュカードや通帳が出てこなくなった人もいた。8月にはすべての店舗で受け付けができなくなった。相次ぐトラブルについてみずほ銀行が設置した「システム障害特別調査委員会」は、報告書のなかで「開発部門の大幅人員削減など人員不足や人材配置」「現場の意見が本部に上がらない、事なかれ主義など会社の体質や風土」を問題点として指摘している。

   さらに、昨年11月に業務改善命令を出した金融庁は、みずほの企業体質について「言うべきことを言わない。言われたことだけしかしない姿勢」と断罪。テレビ朝日経済部の岡田豊デスクは「システムの問題というより人と組織の問題。金融庁の指摘は異例の言及にもかかわらず、またトラブルが起きた。言われたこともできない状況に陥っている可能性がある」とみる。

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」前統括編集長)「みずほ銀行はもともと3行が統合し、社運をかけて『MINORI』というシステムを作ったのですが、それが上手くいっていません。他のメガバンクは統合しても上手くいっているのに、なぜみずほは問題が解消できないのでしょうか」

   玉川徹(テレビ朝日社員)「何かにお金を出し渋っているんでしょうね」

   安部敏樹(「リディラバ」代表)「みずほのシステムは色んな会社が乗り合いする形で、それぞれの部分を別々の人が作っているため、つなぎの部分を誰がやっているかがわかりにくい。システムを丸ごと作り直した方がいい」

   羽鳥「これだけ続くと利用者は困ります」

(キャンディ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中