2022年 6月 28日 (火)

「誤給付4630万円」男性、驚愕の「卒業文集」内容 同級生「今回と一致し過ぎて」 (モーニングショー)

イルカ・クジラが描く虹をモチーフにした"G-SHOCK"&"BABY-G"

   「山口県の阿武町で給付金4630万円が誤って送金された問題で、返還を拒んでいる男性の弁護士がきのう(2022年5月16日)会見を開いて、この男性が『お金を使い切った』と明らかにしました」と司会の羽鳥慎一が伝えた。17日の「モーニングショー」では、お金の行方について疑問の声が相次いだ。

   会見で弁護士は「何か財産的な価値のあるものが本人の手元に残っている状態ではない」と説明。また男性の所在については「現在、男性と連絡が取れず、所在不明と報道されているが、これは必ずしも正確な情報ではございません」とした。

  • 「4630万円」の行方に関心が高まっている(写真はイメージ)
    「4630万円」の行方に関心が高まっている(写真はイメージ)
  • 「4630万円」の行方に関心が高まっている(写真はイメージ)

玉川徹「返した方がいいですよ』と言いたい」

   番組はこの男性(24)の中学時代の同級生を取材した。この同級生によると、男性は中学3年生の途中からクラスで目立つグループと仲良くなり印象が変わって行ったという。

「嫌な事をされたとかはなく、すごく優しい子だった。体育祭で応援団をやっていて、後輩からも目立つような存在だった。『カッコイイ』と言われていました。中学校の卒業式で金髪にしてきたのですが、悪いことをするという印象がないので、ビックリした。(返還を拒み続けていることについて)そういうことをするような人ではなかったので、(阿武町が)間違って振り込まなければ、普通の人生を過ごしていたんだろうな」(元同級生)

   この同級生は卒業文集の「地球最後の日に何がしたい」という質問に男性が「持っているお金を使い果たす」と書いていたことを明かすと、「今回のことと一致し過ぎて、お金に対する執着心があったのかなと思った」とも話した。

   菊間千乃(弁護士)は「財産的価値があるものが手元に残っていないということは、食べた、飲んだ、賭けたというような具体的な体験に使ったということですが、それを2週間でできるのかな」と疑問を口にした。

   玉川徹(テレビ朝日)「罪に問われることと、ギャンブルとかも含めて溶かすような形でお金を使うことと、これからの人生を考えてペイしますかね?誰かに預けて甘んじて刑務所に行って、出てきたらそれを自由に使えるという見込みを立てているならまだ分かりますが。僕は、まだどこかにある可能性が高いと思う。罪が軽くなる余地はあるので、『返した方がいいですよ』と言いたい」

(ピノコ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中