2022年 11月 30日 (水)

「舞いあがれ!」高畑淳子の「母心」演技に感服 再会セリフなし場面でも「涙出た」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」10月5日(2022年)放送の第3回。父・浩太(高橋克典)は「東大阪のことは自分がちゃんとやるから」と、ヒロイン舞(浅田芭路)と母・めぐみ(永作博美)を五島列島へ送り出した。2人が見えなくなったときの父の表情はよかった。

  • 高畑淳子さん(写真:つのだよしお/アフロ)
    高畑淳子さん(写真:つのだよしお/アフロ)
  • 高畑淳子さん(写真:つのだよしお/アフロ)

当初は「ぶっきらぼう」だったが...

   そしてめぐみにとっては15年ぶりの故郷、五島。フェリーを降りると、そこにはめぐみの母、祥子(高畑淳子)が迎えに来ていた。仁王立ちの母。心の距離を感じる再会の瞬間だ。2人の間に何があったのだろうか。

   祥子の家へ着いたあとも、態度はぶっきらぼう。吐き捨てるような、めぐみへの振る舞いがますます心配にさせる。

   そしてお茶の間の場面。鬼の形相の祥子と目を合わすこともできずにいるめぐみ。張り詰めた空気。祥子が立ち上がり、浩太が毎年送っていた年賀状をめぐみに見せながら、ずっと気にかけていたことを伝えると、ゆっくりと少しずつ優しい顔になってお茶をすすった。緊張があって照れもあるふたりがほぐれていく。空気がだんだんと柔らかくなっていく。

   親子というのは、ほんの数分で、距離があっても時間が経っても、結局は懐柔していくんだなとつくづく思えた場面だ。

   なんといっても高畑さんの演技が素晴らしい。またその解けていく祥子の心をうまく読むめぐみ。永作さんが方言で話し返しているのもうまいと思った。さすがのお二人である。「色々あった田舎の母との再会...演技派俳優たちの空気だけでのやり取り!! 台詞のないあの再会シーンだけで涙出た」「高畑淳子の雰囲気と芝居がとってもいい」「単純ではない母心がひしひしと伝わる五島での再会シーンだった」など母娘のシーンにネットも注目していた。

   3話目にしてすでに五島に行くスピード感がよい。毎朝しばらく美しい景色が見られると思うと嬉しい。舞の五島生活がはじまった。

(Y・U)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中