2024年 5月 29日 (水)

コットン西村の陰キャ・陽キャ論 オードリー若林が「本当にそう思った」点とは

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   オードリーの2人がMCを務め、今注目の有名人と「事前アンケートなし、打ち合わせなし」のフリートークを繰り広げる「あちこちオードリー」(テレビ東京系)。2月15日(2023年)放送のゲストは、大物MCにハマり続けて彼らの『横』の位置をキープし続けている陣内智則さんと、「キングオブコント2022」での準優勝をきっかけにテレビ出演が急増しているコットン。中でも盛り上がったのは、お笑い界の『陽キャ』コットンと『陰キャ』オードリー・若林正恭さんによる、奥の深い掛け合いでした。

  • オードリーの若林正恭さん
    オードリーの若林正恭さん
  • オードリーの若林正恭さん

「『陰キャ』の勢力が力を...」

   昨年3月にこの番組に出演した際に、「お笑い界は『陰キャ』の勢力が力を持っていて、『陽キャ』には厳しい」との持論を展開していたコットンの2人。とくに西村真二さんは、子どもの頃から勉強もスポーツも万能でいつもクラスの中心にいた人気者で、広島ホームテレビのアナウンサーから転身した『稀代の陽キャ』芸人。若林さんや有吉弘行さんといった『陰キャ』が中心のお笑い界は居心地が悪いようで、「最近のお笑い界は、ほとんどが『陰』。でも。僕が見てた時のテレビは『陽』の方々が活躍していた」と、不満をこぼします。

   10年以上にわたって『陽』を貫いているコットンですが、「これまでに何度も『隠』に誘われて、辛かった」のだそう。「『陰』の方が大喜利が強いとか思われがち。お客さんはそういうセンスを好むから、賞レースは『陽』に冷たいんです」と分析しつつも、真っ向から『陽』を貫いて「キングオブコント2022」で見事2位を獲得しました。西村さんがこの結果について、「人を傷つけることなどは言わずに2位になったから『実質優勝』」と自画自賛すると、「いや、2位だよ」と総ツッコミを浴び、スタジオは笑いに包まれていました。

   コットンとは対照的に『陰キャ』を貫いている若林さんの悩みは、「陰は芸能界の山の頂上まで行けないんだな」と感じていること。「24時間テレビ」のために本気でダンスを練習していたウッチャンナンチャンの南原清隆さんを見て、「自分にはできないと思った。スポットライトを浴びるのが恥ずかしい」と話します。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中