2024年 4月 16日 (火)

「教場0」瀧本美織が「めっっちゃ怖かった」 事件当日からの「豹変」演技に驚きの声

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ドラマ「風間公親―教場0―」(フジテレビ系)5月22日(2023年)放送の第7話に、俳優の瀧本美織さんがゲスト出演し、その「怪演」に注目が集まった。(ネタバレあり)

   舞台俳優の元木伊智朗(前原瑞樹さん)が、同じ劇団の看板女優、筧麻由佳(瀧本さん)の部屋で首を吊った状態で死んでいた。鐘羅路子(白石麻衣さん)の事情聴取に、麻由佳は「同じ劇団に所属しています。彼は打ち合わせで来てました」「仕事以外でそれほど付き合いが深いわけではありません」などと憔悴した様子で答えていた。

  • フジテレビの「風間公親―教場0―」番組ツイッターより
    フジテレビの「風間公親―教場0―」番組ツイッターより
  • フジテレビの「風間公親―教場0―」番組ツイッターより

「役者は欲張りなの。今度は容疑者を演じてみたい」

   風間公親(木村拓哉さん)の指示で、路子は首を吊ったロープに触ったか麻由佳に聞いたが、麻由佳は「触ってません」と即答。その後すぐトイレに立った麻由佳に、公親は「筧麻由佳さん。以前、あなたの舞台を拝見して感銘を受けました」と声をかけ、麻由佳と握手を交わした。

   麻由佳と握手した公親の手にロープの麻の繊維が付着したことから、路子は麻由佳が伊智朗殺害の犯人だと確信。真相を突き止めるべく、稽古が始まる前の劇場で麻由佳と対峙する。

   事件当日の憔悴した様子が嘘のように、麻由佳は路子の追及に対し「想像力がお盛んねぇ」と不遜な態度を取る。しかし手に付着した繊維のことを指摘されると、「確かに付いてたわ...麻の繊維がいっぱい。息の根止めるまで締め上げたんだもの!」と白状する。

   そして公親の手に付いた繊維が証拠として残っていることを知らされ、麻由佳は「役者は欲張りなの。今度は容疑者を演じてみたい」と笑い出す。麻由佳は目から大粒の涙を流しながらも、うっとりした表情で笑い続けるのだった。

   目の前で仲間を亡くし憔悴していると思わせる劇団員から、大女優然と振る舞う不遜な犯人までを演じてみせた瀧本さんに、ツイッターなどでは

「瀧本美織ちゃんの前半と後半の演技全然違いすぎてびっくりした、、、悪女役めっっちゃ怖かったわ、雰囲気も声もまじで重さが違かった」
「瀧本美織さん美しかったー そして怖かったー 怯えたふりしてるときと本性表したときとの差がすごかった」
と称賛の声が上がった。

(TT)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中