デル、防衛庁から56,000台のパソコン受注 ウィニー問題で

印刷

デルは、防衛庁から56,000台のパソコンを一括受注したと2006年4月13日発表した。落札額は約40億円。同庁では、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」経由で機密情報が流出した不祥事を起こしており、再発防止策の一環として切り替えることになった。デルにとって日本での1回の受注案件としては過去最大の規模。官公庁に大量納入するのも初めて。平均単価はデスクトップ型が約7万円、ノート型が約7万6,000円。9月末までに納入する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中