プレステ3の価格明らかに 各紙で見方分かれる

印刷

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は2006年5月10日、家庭用ゲーム機「プレイステーション3」(PS3)を日本国内では11月11日に59,800円(税別)(20GBのハードディスクドライブを搭載したモデル)で発売する、と発表した。次世代DVD「ブルーレイ・ディスク(BD)」などのコストが高騰したと見られ、各紙はいっせいに「ゲーム機としては前代未聞の高価格(朝日新聞)」などと割高感を指摘した。

その一方で、産経新聞は大手電機メーカーの声として「(BDを搭載した)デジタル家電としては安い」ことを指摘している。PS3はBDを再生することができるが、ソニーが米国で7月に発売する予定のBDプレーヤーの価格は1,000ドルの予定で、PS3よりもはるかに高額だ。

日経新聞は「今回の路線はPS2を売り出した当時と同じ。『DVDも再生できる高性能さ』が人気を集め、DVD普及の一翼を担った」とPS3の発売を、BDを一気に普及させる戦略の一環とみている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中