ソニーがデジタル一眼レフカメラ「α100」を発売

印刷

ソニーは、同社で初めてとなるレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ、「α100『DSLR-A100』」を2006年7月21日から発売する。有効画素数1020万画素で、手ぶれ補正機能を採用。レンズ交換時にCCD(電荷結合素子)へのごみの付着を防ぐ「アンチダスト機能」も搭載されている。オープン価格だが、店頭での実勢価格は、カメラ本体で10万円前後になる見込み。

ソニーが発売するデジタル一眼レフカメラ「α100『DSLR-A100』」
ソニーが発売するデジタル一眼レフカメラ「α100『DSLR-A100』」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中