三井住友海上火災に金融庁が近く業務停止命令

印刷

金融庁三井住友海上火災保険に対し、厳しい業務停止命令を出す方針だ。同社は不払い件数が2005年9月までに2万5,000件(約17億円)あったことが社内調査でわかり金融庁から業務改善命令を受けたが、その後3,000件の不払いが発覚。さらに7,000件以上の新たな不払いが見つかり、内部調査のずさんさが露呈した。他の業務でも違反があった模様だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中