今年の芥川賞受賞者 ネットで注目浴びず

印刷

2006年8月10日の新聞各紙に同日発売される『文藝春秋9月特別号』の広告が掲載された。その広告にでかでかと掲載されていたのは、第135回芥川賞受賞者の伊藤たかみ氏だ。伊藤氏は「八月の路上に捨てる」(文学界)で、06年7月13日に芥川賞を受賞。妻は同じく作家の角田光代氏だ。

しかし、輝かしい栄冠を手にした作家であるにも関わらずあまり、注目されていない。
ネット上での注目度もきわめて低い。2ちゃんねるのスレッド「直木賞・芥川賞受賞作予想スレ」での大半は、絲山秋子氏の「沖で待つ」(文学界)を芥川賞受賞と予想。伊藤氏の受賞が決まると、「読んだことない」というカキコミ。「作品を読んでないのに失礼なことを言うが、伊藤たかみが角田光代の夫じゃなかったら地味すぎてとれなかったような気がしてきた」などの冷ややかなコメントが並ぶ。
SNSのmixiでも、伊藤氏に言及するカキコミや日記は、そのほとんどが「角田光代って結婚してたんだ~!」というコメントばかり。伊藤氏は、角田光代を語る上での「ネタ」の1つに過ぎないといった印象だ。数少ないネット上での伊藤氏の著作の読者を探してみても、「なんかこれといってグッとくるものがない印象」「個人的には『八月の路上に捨てる』よりも『ボギー、愛しているか』の方が面白くて好きなのですが」が反応だ。芥川賞受賞作家としてはあまりに地味で寂しい反応だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中