超音波モーター搭載一眼レフ用ズームレンズ ニコン

印刷
ニコンが発売する「AF-S DX ズームニッコールED18-135mm F3.5-5.6G(IF)」
ニコンが発売する「AF-S DX ズームニッコールED18-135mm F3.5-5.6G(IF)」

ニコンは、ニコンデジタル一眼レフカメラ用高倍率ズームレンズ「AF-S DX ズームニッコールED18-135mm F3.5-5.6G(IF)」を2006年12月から発売する。小型軽量でありながら、焦点距離18-135mm、7.5倍の高倍率を実現。小型超音波モーター(サイレント・ウエーブ・モーター:SWM)の採用で、スムーズで静かなオートフォーカスができるという。自然なボケ味を実現する円形絞りも採用した。希望小売価格は59,000円(税抜)。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中