デルのノートパソコン 発火事故が日本で2件

印刷

米コンピューター大手デルは、発火の可能性があるとして、ソニー製バッテリーのリコール(回収・無償交換)に乗り出したが、日本デル広報は2006年8月17日、J-CASTニュースの取材に対し「現在まで発火事故が2件確認されている」と答えた。1件は06年6月に大阪のホテルで起こり、もう1件は公表しないとしている。同社では回収を急いでおり「対象機種をお持ちのお客様は、すぐにバッテリーを外してもらい、交換のバッテリーが届くまでACアダプターで作業をしてくださいと呼びかけています」と話している。
デルは、ノート型パソコン約410万台に搭載されたソニー製バッテリーのリコール(回収・無償交換)に乗り出したと2006年8月14日に発表した。同8月17日の朝日新聞ロイター通信などによると ソニー製リチウムイオン電池は、ソニー自身のほか米ヒューレット・パッカード富士通、中国のレノボ(旧IBM)で使われており、また、米アップルコンピュータも使用していた可能性があると報道している。米国の消費者製品安全委員会はデル以外のパソコン向けのソニー製電池も安全性を調べる方針だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中