ロシアが「サハリン2」の許可取り消し

印刷

ロシア天然資源省は2006年9月18日に、極東サハリン州沖の石油・天然ガス開発計画「サハリン2」の開発許可を取り消したと、ロイター共同通信などが伝えた。環境対策が不十分などを理由としているが、プーチン政権によるエネルギー産業への国家支配の強化が狙いとの見方が出ている。この事業にはロイヤル・ダッチ・シェルが55%、三井物産が25%、三菱商事が20%出資している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中