ガチャピン「たべちゃうぞ」 「放送禁止」になった変な理由

印刷

   「わいせつ表現」が問題になって、テレビでは放映されない。歌詞の中に「差別表現」があるとされて販売中止になった。こうした「埋もれてしまった名曲」を再び世に出したい、と「封印歌謡大全」と題した本がこのほど出版される。吉田拓郎やガチャピンの歌も、かつてこんな目にあっていた。

「セーラー服を脱がさないで」は「肉体関係を連想させる」

この本には、川内氏が「おふくろさん騒動」を語る特別コラムが寄せられているという
この本には、川内氏が「おふくろさん騒動」を語る特別コラムが寄せられているという

   三才ブックスは2007年4月15日に「封印歌謡大全」を発行する。「差別用語」などを中心に、規制が厳しかった70~80年代の歌を多く取り上げた。「封印」になったケースは様々で、日本民間放送連盟(民放連)の場合は、問題がある曲を「放送自粛」としたり、「要注意」と指定したりした。その経緯を、資料などをもとに当時の関係者に取材した。

   例えば、吉田拓郎「ペニーレインでバーボン」(74年発売)は「つんぼ桟敷」という歌詞が「差別表現」だとして販売中止に。ガチャピン「たべちゃうぞ」(75年)は、歌詞が「怖い」と視聴者から抗議が殺到し、放送自粛となった。「いたずらする子は食べちゃうぞ」というくだりなどが問題となった。おニャン子クラブ「セーラー服を脱がさないで」(85年)は、歌詞が「肉体関係を連想させる」という理由で「要注意曲」とされたという。

   さらに、戦時中に検閲で発禁になった作品から、歌い手が殺人罪を犯し販売中止になった作品まで、さまざまな理由で「封印」された曲が本の中で紹介されている。 同社の編集部はこう話す。

「90年代以降は、発売中止や回収に追いやられる作品のほとんどが『著作権問題』でした」

   「著作権問題」といえば、07年2月に「騒動」となった歌手・森進一さんの「おふくろさん」が記憶に新しい。「偶然の一致」らしいが、この本の帯には同曲の作詞を手がけた川内康範氏による、歌に対する思いがつづられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中