活カニ全面禁輸、ロシア次官が否定、真相不明

印刷

ロシアのデニノフ第一外務次官は2007年6月1日、ロシア領海内で捕れた活きたカニの輸出規制について、「日本への輸出の全面禁止ではない。それは不可能だ」と述べたと、6月2日付の毎日新聞などが報じた。規制は密輸の取り締まり強化が狙いで、「同国領海内で捕れた水産物を違法に国外に持ち出しているロシアの漁業会社や加工業者を対象としたもの」という。ロシア政府は5月30日、密輸対策と自然環境保護を理由に、活きたカニの輸出を禁止したと発表していた。
J-CASTニュースが6月4日、水産庁国際課ロシア班に問い合わせたところ、「ロシア政府が日本の官報にあたる書面で、活きたカニの排他的経済水域外への持ち出し禁止を公布したことは確認しているが、施行期日などの詳細はわからない。1日の(デニノフ次官)発言も含めて確認中だ」と答えており、全面禁止か否かはいまのところ不明だ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中