釣り機能と居住空間を両立させたフィッシングボート ヤマハ発動機

印刷
釣り機能と居住空間を兼ね備えたボート「FR-32」 ヤマハ発動機より発売
釣り機能と居住空間を兼ね備えたボート「FR-32」 ヤマハ発動機より発売

ヤマハ発動機は、釣り機能と居住空間を両立させたフィッシングボート「FR-32」を開発し10月1日より発売する。
最近、フィッシングボートのなかでも、中型フィッシングボートの代替需要が高まっており、本格的な釣り機能と快適な移住空間を兼ね備えたモデルを求めるユーザーが増えている。「FR-32」は、こうしたニーズに応えて開発されたフィッシングボート。居住空間にこだわり、走行時には4人が前向きに座れ、6人がゆったり座ることができるシートレイアウトを採用。上下可動式のテーブルや仮眠もできる快適なキャビンも備えている。
さらに、釣りをしやすい機能も充実。バウデッキからアフトデッキまで全周で釣りが楽しめるセミウォークアラウンドのデッキレイアウトを採用。サイド通路は、外洋で前を向いたまま歩ける深さと幅を確保し安心感を高めているほか、広くフラットなアフトデッキは大人4人が竿を振ることができるという。従来にないフォルムを持つ斬新な外観デザインを採用したのも特長のひとつ。
メーカー希望価格は、1,649万6,025円~(税込み)。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中