福田・麻生総裁選候補が外国特派員協会で会見

印刷

   自民党総裁選に立候補している福田康夫元官房長官と麻生太郎幹事長は2007年9月19日、東京・有楽町の外国特派員協会で会見を開いた。

会見に臨む福田・麻生両候補
会見に臨む福田・麻生両候補

   同協会でのスピーチは初めてだという福田氏は、冒頭、「なるべく避けて通ってきた。(総裁選に出馬し、同協会でスピーチするとは)心にも思わなかった。政治は一寸先は闇」とおどけてみせ、記者団の笑いを誘った上で、外交・経済政策の方針について述べた。

   一方の麻生氏は、冒頭発言では英語で持論を述べた。

   日本語での質疑応答では、テロ特措法の延長について麻生氏が「単純延長は難しい状況」との認識を示した上で「テロとの戦いに参加していくことは日本としての責務」と、引き続き理解を求めたのに対して、福田氏も「麻生候補とほとんど同じ考え」と応じた。その一方で、靖国問題については福田氏が「なるべく政治・外交問題にならない努力をすべき。問題になるなら、避けて通るべきだ」と、参拝に消極的な考えを示したが、麻生氏は「政治から最も遠いはずの鎮魂という問題が政治問題になるのが問題。この件については以前、新聞や本に詳しく書いたので、それをきちんと読んで欲しい」と述べ、認識の差が改めて明らかになった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中