大日本印刷が「ニンテンドーDS」向け配信事業

印刷

大日本印刷は、株式会社am3に資本参加し、ニンテンドーDS向け出版・映像コンテンツのインターネット配信事業を2008年3月から開始する、と07年11月29日に発表した。am3が任天堂から許諾を得て開発を進めているコンテンツのダウンロード販売「DSvision(ディーエスビジョン)」を本格稼動させるため。「DSvision」は、インターネット経由で、「ニンテンドーDS」に、コミック・書籍・情報誌等の出版物およびアニメ・映画・ドラマなどの映像などのコンテンツをダウンロードできるサービス。08年3月からの事業は、スタート時のタイトル数が300。10年には1万タイトルを目指す。売り上げは08年度に20億円、10年度に100億円を見込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中