福田首相、メルマガで年金問題を謝罪

印刷

福田康夫首相は2007年12月13日のメールマガジンのなかで、年金記録不備問題の全面解決が困難な状況になっていることについて謝罪した。福田首相は、約5000万件の「宙に浮いた年金」について、誤った漢字変換や転記ミスなど社会保険庁の「初歩的なミス」があったと指摘。「年金記録ひとつひとつが国民の皆さんひとりひとりの生活に直結するものであるという、ごくあたりまえの意識がなぜ持てなかったのか、まことに残念です」と述べている。その上で、「こうした長年にわたる不祥事に対して、政府を代表して、皆さんに改めてお詫びを申し上げます」と謝罪した。今後については「なるべく早く結論を出すよう、全力を傾けてまいります」と述べるにとどまり、年金記録照合の完了のめどなどについては言及しなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中