ダルビッシュ サエコに替っておむつ取りかえ

印刷

   プロ野球日本ハムのダルビッシュ有投手の妻で、先日男児を出産したタレントのサエコさんがブログで、病院を無事退院したことを報告している。2008年3月29日の更新。

   札幌で出産することになった経緯について、夫ダルビッシュ投手が「立ち会いたいと言ってくれた」からだという。2ヶ月間、慣れない生活が続いたが、多くの人たちの支えもあり、「3月24日午後2時1分に3000グラムの、待ちに待った可愛い我が子に会うことができました」

   さらに、自分を生み育ててくれた父母への感謝が綴られている。だが、一番の感謝は夫ダルビッシュ投手に向けられていた。こんな風に綴る。

「有くん。

あなたのおかげで、私の心はいつも満たされています。

出産後、貧血でなかなか動けなかった私の代わりにおむつを変えて(編注:原文ママ)くれてるあなたの姿を見て、あなたと出会えたこと、あなたと一生を添い遂げられることを、神様に心から感謝しました。

これから先、いろんなことがあると思うけど、家族3人で力合わせて一歩一歩進んでいこうね」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中