東国原知事 「週刊文春」記者の突撃取材に怒る

印刷

   以前『週刊プレイボーイ』の記事を「本質を無視した揚げ足とり」と非難した、宮崎県の東国原英夫知事が2008年4月7日に更新したブログで、「またまたマスコミ不信である」と怒りをあらわにしている。

   「週刊文春」記者が突撃取材に来たことについてだ。こんな話をふってきたという。

「僕の『ゆっくり歩け 空を見ろ』の小説、またはそれを素材としたドラマ・再現VTR等で、一部に事実と異なる表現があり、三股町の親戚が悲しんでいるとのこと」

   この件について東国原知事は、そもそも小説は「事実に基づいたフィクション」であるとし、「三股町も了解している筈だ」と強調している。選挙を手伝ってもらったり、激励を頂いたりと関係は良好だという。

   また、三股町の親戚側も「文春の取材には迷惑・困惑していたらしい」という話もきいていて、「本当に、文春には困ったものだ。僕が彼らに一体何をしたというのだろうか?」「本当に迷惑である」と、心情を吐露している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中