ジャガー横田 「旦那様」にキスしたくなった瞬間

印刷

   プロレスラーのジャガー横田さんが2008年9月26日から「アメーバブログ」でブログを始めた。

   ブログには1歳の長男、大維志君のことを中心に書くというジャガーさん。この日は早くも親離れしているというエピソードを明かしている。

   仕事のため、大維志君をジャガーさんの姉に預けることになった。「いい子にしているんだよ」と言うと、「あい!!」と元気に答えるが、ママが恋しい年頃だ。いざ出て行こうとすると寂しがって泣きだすのではないか、とジャガーさんは心配する。

   ところが泣きもせず、追いかけもせず、あっさり「バイバイ」されてしまう。

「ママっ子過ぎても大変だけどあまりあっさりされてもねぇ…ちょっと淋しいわ」

と、「ママ」の本音がちらり。

   また27日に更新したブログで、夫とのラブラブなエピソードを披露している。ジャガーさんが「うちの旦那様」と呼ぶ木下博勝さんは元リングドクターだ。ジャガーさんとともにメディアに登場し、おしどり夫婦ぶりが知られている。

   ジャガーさんが仕事を終えて家に帰ると、一足先に帰っていた木下さんがニコニコと笑顔で迎えてくれた。そんな姿に、思わず、

「かわゆいわぁ… チュッなんてしたくなった」

   結局、「頭(ず)に乗る(原文まま)」からやめた、というジャガーさんらしい一面もみせている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中