読売新聞、日本テレビを提訴!? ディズニー「盗作騒動」作者が猛反論

印刷

   ディズニーランドでのエピソードを集めた書籍に「盗作疑惑」が持ち上がっている問題で、著者の中村克さんがブログで猛反発している。中村さんが矛先を向けているのは、疑惑を最も早く報じた読売新聞。「読売グループと(自分がかつて勤務していた)ディズニーでは集団IQが違いすぎます」と、口をきわめて罵っているのだ。

   今回の問題は、ディズニーランドでのエピソードを集めた書籍「最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話」(サンクチュアリ・パブリッシング)の一部内容が、04年11月の読売新聞に掲載された「小さな親切はがきキャンペーン」の入賞作品と酷似している、というもの。

   この問題を読売新聞が2009年4月20日に「ベストセラー盗用疑惑」として報じたところ、中村さんはブログで猛反発しているのだ。

   4月20日には、「読売新聞、日本テレビを提訴します」とのタイトルで、

「私はパンを盗んでいませんが、盗んで追いかけられるジャン・ヴァルジャンの気持ちがよく分かります。小沢一郎民主党党首の気持ちもよく分かります。私は悪意を持って私を追い詰める冷酷非道な読売グループには毅然たる態度で臨んでいきたいと思います」

と読売新聞グループを非難。また、中村さんは東京ディズニーランドを運営しているオリエンタルランド(千葉県浦安市)の出身であることから、

「読売グループとディズニーでは集団IQが違いすぎます。ディズニー出身の私から見れば、読売グループの集団IQは、ディズニーが200とすれば読売は60くらいでしょうか(笑)」

   根拠については不明ながらも、「読売新聞グループの方がディズニーよりも知能指数が低い」と非難している形だ。

「私たち家族は白い目で見られるようになりました」

   さらに、2日後の4月22日には、「読売新聞を読む愚者に告ぐ」と題した記事を掲載。本文では

「私たち家族は読売新聞の誤報により白い目で見られるようになりました。
人を思いやるディズニーランドと企業理念が180度異なる読売グループ・・・日本のディズニーファンが、世界のディズニーが一番大切にしている『思いやりマインド』が欠落している読売新聞を読んでいないことを願うばかりです」
「著者やディズニーファンの気持ちがまったく分からない…人間としての赤い血が流れていない読売グループに未来はない、私はそう考えます」

と、読売新聞のみならず、その読者にまで矛先を向けている。

   なお、今回の問題をめぐっては、版元のサンクチュアリ・パブリッシングが09年4月20日の段階で、

「該当するエピソードはインターネット上で数多く投稿されている、周知の心温まるエピソードとして採用したもので、読売新聞の記事の『盗用』ではないと判断しております」

と、「盗用疑惑」を否定するコメントを発表している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中