ウエブの活用うまい「ユニクロ」 カレンダーもブログパーツも大うけ

印刷

   自社サイトを使って、おもしろいプロモーションを仕掛ける企業が目立ってきた。不況下で広告費を減らしている分、自分たちであの手、この手で工夫を凝らしている。中でもウエブの活用がうまいのは、カジュアル衣料品店のユニクロだ。アクセス数が2億PVと大人気のブログパーツ「UNIQLOCK」に続いて、特設サイトで公開しているカレンダー「UNIQLO CALENDAR」が話題になっている。

「新感覚カレンダー」、ブログパーツとしても

UNIQLO CALENDAR
UNIQLO CALENDAR

   ユニクロは自ら、「UNIQLO CALENDAR」は新感覚なカレンダー、という。2009年6月10日に公開した。

   東京・銀座、原宿、東京タワー、東京湾、葛西臨海公園、横浜、京都、神戸港、静岡祭り、石垣島といった7都府県、32カ所の映像が音楽に合せて流れる。

   ティルト、シフトレンズという特殊なレンズを用いて撮影しているので、実際の風景とは異なり、ミニチュアのおもちゃのように見える。映像は30倍に早送りされていて、人や車、船、電車、観覧車があっという間に動き、「見ていて飽きない」「センスがいい」と評判だ。アクセス数は公表されていないが、広報担当者は「反響がいいです」という。

   10秒前後で風景が切り替わる。また、映像部分をクリックすると、ユニクロの商品でできたモザイク画が現れるという仕掛けだ。

   ブログパーツとしても使える。郵便番号を入力すると地域の天気が表示され、実用性もある。今後はスクリーンセイバーも登場する予定。

   ユニクロといえば、ブログパーツ「UNIQLOCK(ユニクロック)」も好評だ。

   秒刻みで時刻が表示され、その合間に女性たちの不思議なダンスが映し出されるというもの。07年6月に公開され、09年6月現在でブログパーツの利用件数は93カ国、7万200で、アクセス数は214か国、2億9500万PVにのぼる。

    ウエブの活用に力を入れている理由について、広報担当者は、

「ユニクロ商品のコンセプトはベーシックでいつでもどこでもその人らしく着られること。一方でウエブは国境を越え、自分らしく活用できるツールで、2つのコンセプトが合致するからです」

と説明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中