FM最長寿番組「ジェットストリーム」 JALが「1社単独提供」断念

印刷
 

   会社更生手続き中の日本航空(JAL)が40年以上単独スポンサーを続けてきた有名ラジオ番組「ジェットストリーム」(JET STREAM)が、2010年6月から「スポンサー2社体制」に移行していたことが明らかになった。同社は広告経費を含むコストの削減が最重要課題だとされており、歴史ある「1社単独提供枠」の返上を迫られた。

   JALでは、広報関連の支出が次々に削減されている。サッカーJリーグ「清水エスパルス」とのスポンサー契約は10年1月末で終了し、10年3月には、映画化までされた女子バスケットボールチーム「JALラビッツ」の廃部が発表されている。

43年近くにわたって1社単独提供

JALは40年以上続いた「1社単独提供」を断念した(写真はイメージ)
JALは40年以上続いた「1社単独提供」を断念した(写真はイメージ)

   この流れは、有名音楽番組「ジェットストリーム」でも例外ではなかった。同番組は、月曜日~金曜日の深夜にTOKYO FM系列(JFN)で放送されており、放送開始はTOKYO FM(1970年開局)の前身にあたる実用化実験放送局「FM東海」時代の1967年にさかのぼる。TOKYO FM編成部によると、「FM番組では『最長寿』」だそうだ。旅と音楽をテーマにした内容で、故・城達也さんのナレーションで親しまれた。現在のパーソナリティーは5代目の大沢たかおさんだ。

   JALは番組スタート当初から43年近くにわたって1社単独提供を続けていたが、6月1日(5月31日深夜)放送分から、「1社で番組を続けるのが困難」(JAL広報部)として、これを断念。「パートナー会社でもあるイオンに声をかけ、賛同を得られた」(同)として、イオンとの2社体制に移行した。

イオンがJALに助け船

   両社は07年10月から業務提携を結んでおり、JALマイレージバンクとイオンの電子マネー機能を連携させた「JMB WAON」を発行したり、共同の旅行ブランド「ジャル ライフアンドスパイス」(JAL LIFE&SPICE)を立ちあげるなどしている。今回は、イオンがJALに助け船を出した形だ。

   なお、今回の措置でJALにもたらされたコスト削減効果については「先方との守秘義務のため、お答えできません」としているが、年に数千万円単位だとみられる。

   次に危ぶまれるのが、JALのスポンサー撤退や番組の打ち切りだが、

「イオン様と共同スポンサーになったばかりで、今後のことは予定しておりません」(JAL広報部)
「『JET STREAM』はTOKYO FM 開局当初から続く優良コンテンツであり、番組の打ち切りは検討しておりません」(TOKYO FM編成部広報担当)

と、そろって否定している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中