オリンパス元専務、ウッドフォード元社長復帰求めサイト開設

印刷

   オリンパスの元専務で、2006年まで在職していた宮田耕治氏が2011年11月12日、オリンパスの社員やOBに向けて独自のウェブサイトを開設し、「今こそ立ち上がろう」と行動を呼びかけている。

   宮田氏はサイトで、「社外にいるからこそ見えてくるオリンパスの危機の深さ、深刻さをできるだけ正確に理解し、それをチャンスに変えるための方策を自分なりに考えてみました」として、社長を解任された英国人のマイケル・ウッドフォード氏の復帰を「我々が今とるべき行動」に掲げた。サイト上で賛同者を集め、「我々の声の大きさを日本の、そして世界の人たちに、そして誰よりもウッドフォード氏に伝えたい」という。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中