「復興税」に消費税、そして所得税率アップ… 容赦ない「増税」ラッシュがやってきた

印刷

   「社会保障と税の一体改革」を旗印に、野田内閣が粛々と「増税」を推し進めている。消費税の増税、所得税や相続税の最高税率も引き上げるという。

   そもそも、東日本大震災の復興財源の一部に充てる「復興増税」では、所得税額の2.1%上乗せを2013年1月から25年間という長期にわたって実施する。個人住民税は14年6月から10年間、年1000円の増税が決まっていて、国民負担は増すばかりだ。

最高税率現行の40%から45%に引き上げ

「増税」ラッシュがやってきた!?
「増税」ラッシュがやってきた!?

   政府税制調査会の作業部会が検討に入ったのは、所得税の最高税率の引き上げ。現行の40%から45%に引き上げる方向で検討を進めるという。

   現行の所得税率は5~40%の6段階で、1800万円を超えると最高税率を適用している。2011年12月20日の作業部会ではこの最高税率を45%にすることが示された。

   また、適用する所得区分は現行の1800万円超とする案から3000万円超とする案まで4案が出されたほか、最高税率の引き上げとあわせて、1500万円超の所得に40%の税率を適用する案も検討対象として示された。

   一方、消費税は2010年代半ばまでに段階的に10%まで引き上げる方針。税率の引き上げで社会保障の安定財源を確保し、同時に財政の健全化を目指す。

   ただ、消費税を増税すると、低所得層ほど税負担が重くなる「逆進性」が強まるとされる。それもあって、所得税や相続税の最高税率を見直し、高所得層の負担を重くすることで税負担の「公平性」を保つようにする。税負担の「公平性」を前面に押し出すことで、国民の「増税」への抵抗感をやわらげようというわけだ。

   日本の所得税の最高税率は1983年には75%あったが、自民党政権下での減税措置などで大幅に引き下げられ、99年には37%まで低下。その後の景気後退に伴う税収の低下を理由に、2007年に再び40%に引き上げられたが、ここ数年は高所得層の拡大で「所得格差の拡大につながった」との指摘や、「高所得層の税負担が軽くなりすぎた」との批判があった。

年金受給者も高所得層はターゲット

   高齢者でも、高所得層であれば「容赦」しない。年金課税では所得税の公的年金等控除を見直す方向だ。高所得層の年金受給者の控除を縮小することで税負担を増やす。

   公的年金等控除は現行、たとえば65歳未満が年70万円まで、65歳以上が年120万円まで全額控除になっている。年間に受け取る年金額によって、段階的に控除額を設定しているが、これを見直す。

   高所得層や富裕層への税負担を増やす、もう一つの見直しが相続税。最高税率を現行の50%から55%に引き上げるほか、相続財産のうち課税を免除する基礎控除の金額を5000万円から3000万円に引き下げる案が有力とされている。

   ただ、贈与税については軽減し、高齢者から現役世代への資産の移転を促す考えだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中