芸能人ブログ「すっぴん写真」はもう飽きた 「まるで詐欺」だと仲間からも批判続々

印刷

   女性芸能人が化粧を落とした顔写真をブログにアップする「すっぴんブーム」が起きているが、中にはどう見てもすっぴんには見えないものもある。、話題を集めるための「すっぴん詐欺」ではないか、などといった批判が出ている。

    たとえば女優の雛形あきこさんが2012年1月21日付けのブログで「すっぴんで失礼(笑)」と顔写真をアップ。ネットでは「うわっ、綺麗」などと歓声が上がったが、眉毛を書いている、ファンデーションを使っている、といった「疑惑」が出た。

写真を掲載したらアクセスが1日250万になった

   芸能人の「すっぴんブーム」の先駆けとなったのは、モデルの小森純さん(26)が11年6月16日に「すっぴんですが。。。」として掲載した一枚の写真。バンカラ風のキャラとして知られる小森さんだが、愛らしい美少女のような写真だった。普段は1日に100万アクセスあるブログだが、この写真を掲載したところ話題になり、翌日には250万近いアクセスになったと言う。

   TBS系バラエティー「サタネプ☆ベストテン」の12年1月14日では「すっぴんが見てみたい女性芸能人第2弾SP!」が放送され、女性芸能人がブログに掲載したすっぴん写真が話題になった。

   写真が公開されると、出演者の西川史子さん、岡本夏生さん、あき竹城さんなどが「化粧をしているじゃないか」「すっぴんと言うのは腹立たしいこと」などと大騒ぎになった。人によってはリップやチーク、アイラインが見えたり、黒目を強調するカラーコンタクトが入っている、というのだ。司会の「ネプチューン」原田泰造さんは

「どこまでがすっぴんといっていいのか、そのラインを決めたほうがいのかも」

などと場を収めることになった。

   12年1月26日放送のフジテレビ系情報番組「とくダネ!」でも、ブログに掲載された芸能人のすっぴん写真が取り上げられ、「メイク疑惑がある」などと紹介していた。番組に登場したメイクアップアーティストの小倉ケンイチさんは

「昔のすっぴんとは種類が異なるすっぴんといえます」

と説明した。

   たとえば、アイラインをタトゥーで入れた人は化粧を落としてもラインがそのままだったり、まつ毛を上向きにしてメイクした人はそのクセが残ったりしている。また、カラーコンタクトを使っているため、目が大きく見え、眼力のある顔になっているという。

本物のすっぴんならそれでテレビに出てみろ!

   番組では「メイク詐欺」と言われているとされる小森純さんを直撃。話題になったブログのすっぴん写真について、マスクをしているのは小顔に見せるためではないか、とか、斜め上からカメラで撮影したのは可愛く見えるテクニックに違いない、などと詰め寄った。結論として小森さんはカラーコンタクトを使用していたが、他はすっぴんだった、と報告された。

   番組コメンテーターでタレントの眞鍋かをりさんは、すっぴん写真について

「すっぴん写真って、ケータイの照明を設定して撮影すれば、なんとかなる。動画だったら本物だと思う」

と答えた。中村美奈子アナウンサーは、自分ならば少しだけメイクしてすっぴん風にして

「50枚くらい撮って、ベストのいいものを載せます」

と話していた。

   ネットでは女性芸能人のすっぴん写真について、見られるだけでラッキーな気分になるという人も多いのだが、現在は「すっぴん商法」などといった言葉も使い始められている。すっぴんを公開して話題づくりをしているというのだ。さらに、すっぴんに見えない写真をたくさん見てしまい、飽きてしまったという人もいて

「すっぴんなのにキレイ、と言われたくて、待つようなことはやめてもらいたい」

といった意見や

   メイクや、カラーコンタクトを使い、写真を撮影する角度まで研究ずみ、そして納得いくまで何枚も写真を撮影していることは既に誰もが知っている、とし

「完全すっぴんに見える奇跡のショットを載せてるだけだろ。本物のすっぴんならそれでテレビ出てみろってんだよ」

などといった批判も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中