女性占い師「出る出る詐欺」 批判殺到し、日テレがひっそり謝罪

印刷

   お笑いコンビ、オセロの中島知子さん(40)をめぐる「洗脳騒動」で、中島さんと同居していた女性占い師が出演するとうたっていたバラエティー番組に批判が殺到している。占い師が実際には出演しなかったことが原因だ。

   番組側では、ひっそりとウェブサイトに「一部誤解を招きかねない表現があった」などとする文章を掲載したが、現在は見あたらず、削除したものと見られる。この問題では、放送倫理・番組向上機構(BPO)も調査に乗り出す構えで、再燃する可能性もある。

CM前に「このあと オセロ中島騒動の占い師がスタジオに!」のテロップ

   問題とされているのは、日本テレビが2012年5月4日の19時から放送された「芸能★BANG+」の特別編。当日のテレビ欄によると、

「占い離婚渦中のアノ人記者軍団と激突SP!!」

というサブタイトルがついており、

「今夜ついにスタジオへ…オセロ中島騒動の占い師が謎の同居生活全貌激白」

とうたっており、中島さんと同居していた占い師が出演すると読める内容だ。

   実際の番組でも、CM前に、

「このあと オセロ中島騒動の占い師がスタジオに!」

というテロップが表示された。だが、実際に出演したのは、問題とされる占い師と同居していた、別の占い師だった。さらに、この占い師が出版した本を紹介するという「おまけ」まで付いた。

   バラエティー番組内で重要人物の登場を引き伸ばしたり、次回に先送りしたりする手法は、たびたび批判を浴びている。だが、予告した人物が最後まで登場しないは異例で、ネット上では批判が加速した。2ちゃんねるでは、「みんな、ここから意見しよう!!」と、日本テレビのお問い合わせフォームに利用者を誘導する人も続出した。

「一部誤解を招きかねない表現があった」

   これを受け、日本テレビでは、

「一部誤解を招きかねない表現があったことをお詫びいたします」

とする文章を公式サイトに掲載したものの、現在文言は削除されていると見られる。

   放送倫理・番組向上機構(BPO)に苦情を寄せた人も多かったようで、6月上旬に開かれる「放送倫理検証委員会」でも検討される見通しだ。

   なお、番組の視聴率は12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、放送された時間帯の中ではトップだった。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中