フィギュア・安藤美姫選手、来季限りで引退 「もういちどゼロからやり直す覚悟で」

印刷

   フィギュアスケート世界女王の安藤美姫選手(24)が、来期限りでの現役引退の意向を明かした。

   2012年10月10日付けの日刊スポーツによると、安藤選手は来季を「ラストのシーズン」と定め、2014年に控えるソチ五輪に関しては「何も考えていない」。ただ、必ず1つは試合に出場し、応援するファンに恥ずかしくないよう、100%の演技をしたいとの決意を語った。

   また、公式フェイスブックページでも10日、引退の意向を「現時点での偽りのない気持ち」で、安藤選手はセカンドキャリアも考えなければいけない時期と説明。

   そして、

「もういちどゼロからやり直す覚悟で、今回の決断をしました。来季の公式戦出場をめざします(勝ち抜いていけば、です)。ソチを云々できる立場では、もはやありません。「いまは考えていない」と申し上げるほかないのです」

とのコメントを発表した。

   安藤選手は9日、日本スケート連盟を通じて、指導者不在による技術・精神面での調整不足を理由に、今季のGP(グランプリ)シリーズの中国杯とフランス杯の欠場を発表していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中