小児救急の電話相談、まだ不十分 「話し中」が多くて、つながりにくい

印刷

   小児の救急患者を減らす目的で、厚生労働省が2004年から全国に展開している小児救急電話相談事業 (シャープ8000番) の内容がまだ不十分であることが、2013年1月26日、東京で開かれた第9回日本小児医療政策研究会で明らかになった。この事業の先駆者でもある桑原正彦・広島県小児科医会会長が「意義と現状」を報告した。

「すぐに119番を」はごくわずか

   事業は47都道府県に広がってはいるが、問題がいくつもあることを、桑原さんは地元広島県を例に報告した。本来は24時間対応すべきだが、多くは23時まで。それ以降も受けているのは20都道府県程度で、しかもその半数以上が東京の民間会社に委託している。

   2005年から2010年まで、広島県では29566件の相談を受け付けた。相談を受けた看護師が「すぐに119番を」と答えたのは41件でわずか0.13%。約1000件に1件で、「病院へ行くように勧めた」のが5046件で17.1%だった。

   「明日になっても心配なら」が36.4%。看護師が控えの医師に相談してから答えたのは311件、1.1%。全体としては心配のないケースが圧倒的だった。また、子どもの症状が出た半数は当日だった。

   広島県を含む多くの県は回線が少ないために「話し中」が多い。広島県では1人の相談中に6~7人が「話し中」ということで諦めていた。

   桑原さんによると、小児の救急体制の充実には、家庭でできる救急ガイドブック、次に電話相談、さらに実際の救急医療機関という道筋を整備することが理想的。それには家庭の看護力が第一で、続いて学校での保健・健康教育の充実、身近な診療所を対象に小児救急医療講習をするなどの政策が必要とした。また、緊急の課題として、ろうあ者や外国人家族向けの相談、電話相談員の質の向上、さらにはバックアップ機関として「全国情報支援センター」の設置、などを訴えた。

(医療ジャーナリスト 田辺功)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中