あまちゃん経済効果、33億円 ロケ地の観光客、震災前の11倍超

印刷

   2013年9月28日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説「あまちゃん」のロケ地となった岩手県久慈市の「小袖海女センター」に、7~8月に訪れた観光客が約7万6000人となり、東日本大震災前(2010年)の11.7倍になった。

   久慈市小袖海岸にある「小袖海女センター」は、海女による素潜り漁の実演を行っている。11年3月の震災による津波で全壊したが、その後プレハブで活動を続けてきた。12年の観光客数は約3250人、震災前の10年は約6500人だったが、この夏は「あまちゃん」人気に沸いた。土日祝日はマイカー規制をするほどのにぎわいという。

   地元、岩手銀行のシンクタンク「岩手経済研究所」が9月2日に発行した機関誌によると、「あまちゃん」の岩手県経済への波及効果は32億8400万円。観光消費額の推計は30億6400万円と試算している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中