給食パン100個にハエが混入した理由 体長1~2ミリ小さすぎて工場の網戸すり抜けた?

印刷

   岐阜県可児市の小中学校で出された給食のパンに、小バエが入っていた。

   学校側は「健康に影響はない」として、付着箇所を取り除いて食べるよう指導したが、ハエが混入したパンの数は約100個にものぼる。いったいどこからハエが侵入し、パンの中に入りこんだのか。

「結果論なんですけど安全上問題なかったかなと思う」

   新聞報道などによると、ハエ入りのパンが発見されたのは、蘇南中学校と東明小学校の2校。蘇南中では2013年9月2日、丸パン4個にハエが混入しているのを生徒が見つけた。同様に9日、東明小のクロワッサン約100個にハエが入っていた。主に表面に付着し、どちらもパン1個あたり1~4匹の死骸が確認された。

   ハエが見つかった際、学校が可児市学校給食センターに連絡したが、安全上問題ないとして、付着した部分を取り除いて食べるよう伝えられた。学校は指導に従い「ハエを取り除いて食べる」旨を校内放送で連絡した。一部生徒はパンを食べたが、健康被害は今のところないという。

   給食センター所長の渡辺哲雄氏はフジテレビ系「とくダネ!」の取材に対し、

「結果論なんですけど安全上問題なかったかなと思う。実際に捨てることなく取り除いて食べていただいたということで、今回の判断は正しかった」

   と答えている。

   パンに入っていたハエは、クロバネキノコバエという種類だった。体長は1~2ミリ程度で、黒や暗褐色をしている。人体には無害だが光に誘われ室内に入ってくるなどの理由で、不快害虫と呼ばれる。高温多湿の夏に大量発生することがあり、可児市周辺でも増えていたという。ここ数年、可児市に近い多治見市のほか、愛知県岡崎市、豊田市などでも大量発生が相次いだ。

   各自治体はコバエ大量発生の原因究明に努め、豊田市では愛知県ペストコントロール協会による「不快動物(コバエ類)の発生条項調査報告書」をウェブ上に公開している。クロバネキノコバエは一般に、朽木の腐った部分や土壌の中の腐食物を食べていると考えられ、畑や植木鉢から発生する可能性もあるそうだ。

過去には給食を休止して宅配式弁当に切り替え

   では今回の問題でクロバネキノコバエが、どのようにパンに付着するに至ったのか。パンは隣接する御嵩町の工場でつくられ、製造工程でハエが混入したとみられている。ハエの侵入経路として疑われているのが工場の網戸やサッシだ。クロバネキノコバエの体は小さいため、隙間が大きいと簡単にすり抜けられる。

   そして、問題が夏休み明けの月曜日に発生したことから、夏休み中は使用していなかった道具を清掃せずに使い、ハエが混入した可能性があるとも指摘されている。丸パンの場合、パンの下の部分にハエの死骸が集中していた。ハエの密集する鉄板の上にパン生地を乗せ、オーブンでこんがり焼いてしまったというわけだ。市教委や給食センターは工場の立ち入り検査をして再発防止を要求した。

   実は、クロバネキノコバエの大量発生で、給食に影響が出たケースは過去にもある。広島県の府中北小学校には2012年6月、給食調理室にハエが入り込み、給食を休止して宅配式弁当に切り替えた。同7月に京都府の三室戸小学校で大量発生し、3校分の給食が作れなくなった。

   多くの自治体や学校を悩ませているクロバネキノコバエだが、愛知県豊田市の調査報告書によると、広範囲に大量の薬剤を散布して駆除するのは難しく、むしろ健康被害の懸念がある。個別の侵入防止策としては、網戸をメッシュ1ミリ程度に変えるなどの隙間対策が有効だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中