過去の佐川急便1億円借入問題がぶり返す 細川元首相側「全額返した」に疑問の声も

印刷

   東京都知事選に出馬表明した細川護煕元首相(76)について、東京佐川急便から1億円を借り入れた過去の問題をぶり返す動きも出ている。細川氏側は、「全額を返しており、影響はない」と反論している。

   細川護煕氏は1994年4月、1億円借入の責任を取って、わずか9か月で首相を辞任している。自民党1党支配を終わらせた連立政権だっただけに、突然の辞任に失望の声も広がった。

「猪瀬直樹前都知事と同じ状況ではないか」

   もう20年も前の話だが、今回の出馬表明で、あれはどうなったのかとの声がネット上などで出ている。

   同時に出馬表明した舛添要一元厚労相(65)を推す自民党からも、異論の声が上がった。自民党都連最高顧問の深谷隆司氏(78)は、ブログで当時のことを振り返って「晩節を汚す」と出馬を批判している。

   当時の細川氏は、深谷氏らの国会追及で、1億円借入について、「マンションを買うため」「土門や土塀を直すため」などと釈明した。しかし、深谷氏はブログで、これらの代金は佐川から借りる前に支払っていたことが当時の調査で分かったと指摘した。そして、1億円は、細川氏が1983年の熊本知事選に出馬する直前に借りた政治資金だったとして、政治資金規正法などに抵触する可能性があったと明かした。

   細川氏は当時、9回に分けて1億円を佐川に返したと説明している。その後、領収書の控えが佐川側から見つかったとしたが、それは佐川側の印鑑が押されておらず、収入印紙も貼られていないものだった。

   これに対し、深谷氏はブログで、5000万円を徳洲会から借り入れただけだと主張した猪瀬直樹前都知事と同じ状況ではないかとして、「猪瀬氏が駄目で細川氏がいいわけはない」と批判している。

   自民党以外からも、細川氏の1億円問題については批判的な声が出た。

問題が再燃するかは、細川氏の釈明次第に

   報道によると、みんなの党の渡辺喜美代表は、2014年1月11日の会見で、細川護煕氏について、「もらったのか、借りたのかはっきりしないまま辞めた。20年前でも覚えている人がいるのだから、当然問題にならざるを得ない」と疑問を呈した。

   細川氏自身は、まだこの問題について出馬表明後に釈明していない。しかし、細川氏の佳代子夫人は、地元熊本で12日に行った講演後に、マスコミの取材に応じた。佳代子夫人はそこで、1億円について、「全部返しました」「ほかに言いようがないじゃないですか」と説明し、都知事選への影響を問われると、「全然」と明確に否定した。

   今後、この問題がどうなるかはまだ不透明な状況だが、細川氏の釈明内容にもよりそうだ。

   一方、出馬表明した舛添要一氏についても、自民党は、舛添氏が離党したときの経緯などにわだかまりがあるようだ。前出の深谷隆司氏もブログで、「今名前の出ている人で、是非応援したいという人物は、残念ながら見当たらない」と不満を述べている。

   今回の都知事選では、舛添氏らも、細川氏同様に脱原発を主張しており、ネット上では、争点が明確にならずに投票率が下がる懸念の声も漏れている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中