小保方氏、神戸の「研究センター」で謹慎状態? 記者会見に姿現さず、研究は現在停止

印刷

   理化学研究所は2014年3月14日、英科学誌「ネイチャー」に掲載された新型万能細胞(STAP細胞)の論文に使用された画像や記述が不自然だとの指摘に関する調査の中間報告を発表した。

   会見当日になって、ノーベル化学賞受賞者で理研理事長の野依良治氏が急きょ出席を表明。一方で、渦中の小保方晴子・研究ユニットリーダーは書面でのコメントを寄せたのみで、姿を現わさず、「研究は停止している」そうだ。

「間違っていた、未熟だった」と反省の言葉

会見で謝罪する野依良治・理研理事長(中央)
会見で謝罪する野依良治・理研理事長(中央)
「小保方さんは今、何をしているのでしょうか」

   質疑応答の際、報道陣から質問が飛んだ。ネイチャーに投稿した論文で、一部画像の使い回しや、引用を明記しないまま別の研究者が書いた内容を転載した疑いが明るみに出て以降、公の場には姿を見せていないからだ。

   理研側は最初「神戸にいます」と回答するにとどめた。小保方氏が所属する「発生・再生科学総合研究センター」は神戸にあり、本人は現在もここにいるようだ。だが、より詳しい説明を求められて「こういう状態なので、現在研究は停止している」と明かした。研究はしていないとなると、事実上の「謹慎状態」なのかもしれない。

   理研が今回の件で立ち上げた「研究論文の疑義に関する調査委員会」に対して「間違っていた、未熟だった」と反省の言葉を述べていたという。3月11日の時点で理研は、取材に対して「淡々と研究している」と答えていたが、事態が変わったのだろうか。

   小保方氏は現れなかったが、書面で声明を出した。論文の共著者である笹井芳樹氏、丹羽仁史氏と連名で、論文の不備について指摘を受けたことに「混乱をもたらした」と謝罪。また論文内の「複数の不適切または不正確な点」に関しては、速やかにネイチャーへ報告してきたという。ただ、不備が見つかったことで論文の信頼を損ねることを重く受け止め「今回の論文を取り下げる可能性についても所外の共著者と連絡をとり検討しております」とした。

   野依理事長は今回の件を「ゆゆしき問題。極めてずさんで、あってはならない」と厳しい表情を見せた。同席した発生・再生科学総合研究センターの竹市雅俊センター長は、「研究をやり直すのが最も良いと判断し、論文の撤回を著者に勧めた」と述べた。小保方氏を含む3人は声明にあったとおり、取り下げを考えているようだ。ただし実際には、著者全員の合意が必要となる。

「何らかの記載をコピーしたという曖昧な記憶」

会見場は「立ち見」が出るほど報道陣であふれかえった
会見場は「立ち見」が出るほど報道陣であふれかえった

   中間報告では、画像の不自然さや切り張りの疑い、他の論文からの盗用の疑いなど6項目を調査し、うち2項目については不適切な取り扱いはあったものの悪意を持って改ざん、ねつ造したとは認められないとした。残る4項目については、現在も調査中という。

   調査が進んでいる内容でも、画像の切り張りや、他者の著作物について出典を明記せずに盗用した可能性は残っている。このうち無断転載については、小保方氏自身が「何らかの記載をコピーしたという曖昧な記憶を持つ様子」だったが、文献そのものを持っておらず、どこから持ってきたか覚えていないと話したという。調査委側は、文書の類似性や、小保方氏自身がここに書かれていた手法を熟知していなかったことなどから、ある論文の記載を何らかの方法でコピーしたものと認められたとの見解だ。引用なしで記載するというのはあり得ない。すべての調査の結果待ちとはいえ、ねつ造でないにしろこうした行為が科学者として当然守るべき倫理に違反しているのは明らかで、「常軌を逸している」という厳しい言葉も「身内」から飛んだ。

   小保方氏を含む共著者から直接、真相が語られるのはすべての調査を終えて報告書がまとめられた段階だという。ただし、調査委の石井俊輔委員長は「関係者のヒアリングやデータの解析、関係書類の確認を徹底し、客観的な判断を下すには時間が必要」なため、最終報告の時期については言及しなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中