AKB握手会ノコギリ事件、戸賀崎氏が説明 「手ぶらの男が凶器をジャンパーの内側から…」

印刷

   2014年5月25日に岩手・滝沢市で行われたAKB48の握手会で、メンバーの入山杏奈さんと川栄李奈さん、スタッフの1人が男にノコギリで襲われ負傷した事件は、ファンのみならず日本中に衝撃を与えている。

   AKB48グループカスタマーセンター長の戸賀崎智信氏は5月26日朝、Google+で事件の詳細を説明した。

48Gのコンセプトについて「抜本的な改革をしなければ」

戸賀崎氏の投稿
戸賀崎氏の投稿

   戸賀崎氏の説明は以下の通り。

「事件につきましては、既にニュースにもなっているように大島涼、高城、倉持、入山、川栄の第6レーンにて、手荷物を何も持っていない犯人が、突然、入山、川栄の前で凶器をジャンパーの内側から取り出し二人に切りつけました。そばにいたスタッフが犯人が振りかざした凶器を素手でつかみ、メンバーを守ろうとしましたが、犯人はそれを振り払い、川栄、入山を、襲いました。川栄、入山ともに、手と頭などを負傷し、二人を、身を挺して守ろうとしたスタッフも手に怪我をしました。病院に搬送された後は、医師のみなさんの適切な対応で手術を行っていただき、意識もはっきりしておりますので、ご安心ください」

   また、48グループの「会いにいけるアイドル」というコンセプトについて「抜本的な改革をしなければならない」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中