「人間の屑だ。死ね!」とツイッターで発言、共産区議が引責辞任

印刷

   東京都中野区議会の金子洋(ひろみ)議員(52=共産)が、2014年7月14日付で区議を辞職した。

   金子氏はツイッターで「死ね!」などと発言したことへの引責辞任らしい。

すぐに投稿削除したが「拡散」

   金子氏は集団的自衛権の行使容認が決まった7月1日から、あるツイッターユーザーと議論を交わしていた。ユーザーの主張は、中国や北朝鮮とは話し合いで解決できない。いつ攻撃されてもおかしくない状況では、アメリカなどの諸外国に頼るのではなく、自国で軍備を持つ必要があるというもの。

   ユーザーは2日、

「いーじゃん別に、集団的自衛権行使したって。結果、他国との信頼関係は強まるし、働いてないヒキニートのゴミ屑が国の為に働けるんだぜ? 安部に感謝しろよニートどもwww」

と発言した。ユーザーは、その後もニートを「ゴミ屑」と表現しながら、

「お前らみたいな言葉だけの夢見ちゃってる政治家より、戦場へ向かう自衛隊や兵士の方が余程マシさ。一つでも多く戦場を無くしてから物語れよ。説得力皆無なんだよ」

などと金子氏への挑発を続けた。

   連日のやり取りの末、金子氏は6日、

「そう言いながら、自分は行かないで、『ヒキニート』みたいな『ゴミ屑』に行かせようとしているんだろ! おまえこそ人間の屑だ。死ね! 何も罪のない民間人を殺す前に、お前が死ね! 達者でな! さようなら!生きてたら、また会おうね」

と、問題の発言に至った。同僚区議からの指摘ですぐに投稿を削除したが、拡散は止まらなかった。

   金子氏の辞職を受けて、ユーザーは16日、

「なんか俺のせいで政治家が一人辞職したらしいんだが…」
「死ねの一言で辞職しなきゃならないとは…世知辛い世の中だ」

などとつぶやいた。金子氏のツイッターアカウントは、現在非公開になっている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中