ペヤング虫混入騒動で勘違い余波 広島の「まるか食品」に消費者から問い合わせ

印刷

   消費者1人のツイッター投稿に端を発した「ペヤング ソースやきそば」の虫混入問題は、製造元のまるか食品(群馬県)が全商品の生産・販売休止を発表する大騒動に発展した。

   その裏で、ちょっとしたアクシデントも起きていた。ペヤングに関する問い合わせが全く関係のない別会社に寄せられていたのだ。

ネット注文備考欄にペヤング励ましのメッセージ

「まるか食品」違いだった(画像は広島「まるか食品」の公式サイト)
「まるか食品」違いだった(画像は広島「まるか食品」の公式サイト)

   別会社の名前は「まるか食品株式会社」。実は、群馬のまるか食品と同じ名前の会社が広島県尾道市にも存在するのだ。こちらはスルメフライを中心とした海産珍味やスナック類の製造販売を手がけている。

   群馬のまるか食品とは全く関係がないが、ペヤングの虫混入騒動をきっかけに「勘違い」してしまう消費者が続出したらしい。それを証拠に、騒動が起きた2014年12月3日~4日ごろには、群馬のまるか食品だけでなく同社のホームページもつながりにくい状態となっていた。

   13日には同社のホームページに「お客様へ『群馬県のまるか食品株式会社』様についてお知らせいたします」と題したお知らせ文が掲載された。

「このたびテレビ等で報道がありました群馬県のぺヤング商品を製造販売されている『まるか食品株式会社』様につきまして、当社は広島県でイカフライを主に製造しております同名の別会社でございますことをここにお知らせいたします」

   お知らせを掲載せざるを得ないほど問い合わせが殺到したのだろうか。15日、J-CASTニュースが同社に取材したところ、広報担当者は次のように切り出した。

「当社はショッピングサイトを運営しておりますが、13日のご注文の中にペヤングのまるか食品様と勘違いされているものがあったのです。備考欄にペヤングを支持する、励ましのメッセージが書かれていました」

風評被害は今のところなし

   担当者によれば、勘違いによる注文は今のところ1件だけだという。他に、ペヤング商品の返品方法について問い合わせる電話も15日までに数件あったそうだ。問い合わせが殺到するような混乱は起きていないものの、こうした消費者の誤解を未然に防ぐためにお知らせ文を掲載したのだという。

   なお、ペヤング騒動による風評被害は「特に今のところ起きていません」とのことだった。

   ちなみに、群馬のまるか食品は1964年、広島のまるか食品は1969年の設立だ。前者は創業者である丸橋嘉蔵氏の姓と名から1字ずつとって「丸嘉(まるか)」と名付けられたと言われている。後者は、創業者が「一代で終わることなく、大きな会社にしていきたい」との思いを込め、自身の名字を使うのではなく、懇意にしていた「まるか」の名がつく商事会社にあやかって付けたのだという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中