地震以降、九州の宿泊キャンセルは70万泊! 福岡市長ら「2次被害」払拭に動く

印刷

   2016年4月の熊本地震の影響で九州観光のキャンセルが相次いでいることを受け、福岡市の高島宗一郎市長らが16年5月20日昼、東京・丸の内でPRイベントを開いた。高島市長は、地震後も通常通り営業しているエリアでも客足が遠のいているとして、「ますます九州の体力を弱らせてしまう」と訴えた。

   お笑いコンビ「パンクブーブー」の黒瀬純さん(41、福岡県出身)ら九州出身の芸能人もかけつけ、「今は(例年よりも空いている分)逆に穴場かもしれない」などとアピールしていた。

  • イベントには九州7県・19市の関係者が一堂に会した
    イベントには九州7県・19市の関係者が一堂に会した

「これは本当に九州にとって経済的なダメージ」

   高島市長は、

「何となく、『九州という島全体が揺れたのではないか』『九州に今、観光に行ったりするのは不謹慎なのではないか』、そういうような形になってしまう。実は『揺れはしたものの、ほとんど被害はない。すべて通常どおり営業している』にもかかわらずキャンセルが続出している」

などと実際の地震の被害とは関係ない形で自粛ムードが広がっていることを指摘。熊本地震以降九州全体で70万泊のキャンセルが出ているとして、

「これは本当に九州にとって経済的なダメージ。これから復旧・復興のために力を合わせたいときに、それ以外の面で経済的なダメージが来ると、これはいわゆる2次被害。ますます九州の体力を弱らせてしまう」

と訴えた。

九州7県・19市の関係者が一堂に

   イベントには、九州7県・19市の関係者が一堂に会し、次々にステージにあがって地元の魅力を説明した。元民放アナウンサーという経歴を生かす形で高島市長がステージを進行。熊本県上天草市の堀江隆臣市長は、名物のイルカウォッチングについて

「95%以上の確率で遭遇できる、素晴らしいところ」

とアピール。玉名市の高嵜哲哉市長は

「しょっちゅうしょっちゅう来てください、ということではなく、玉名(たまなぁ)来てね~」

と、地名をからめておどけていた。

   熊本地震は、すでに訪日外国人(インバウンド)消費にも影響を及ぼしつつある。日本政府観光局(JNTO)は2016年5月18日、日本を4月に訪れた外国人観光客数は前年同月比18.0%増の208万人1800人だったと発表。「200万人超え」は2か月連続で、単月ベースの過去最高記録を更新したが、九州に近い韓国、台湾、香港からの観光客は例年と比べて伸び悩んでいる。

   こういったことを受けて、5月21日に台湾の台北国際観光博覧会、22日には香港の旅行会社向けのPR活動を予定している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中