シストレに疑問を持つ投資家に聞きたい、「自分でやって、ホントに勝てるの?」

印刷

   2016年の円相場はリーマン・ショック以来の高い変動率で動いており、その影響もあってか外国為替証拠金(FX)取引をはじめる人が増えているようだ。

   直近の口座数で9万口座を有し、自動売買(システムトレード)で「NO.1」(※)を誇る業界大手のインヴァスト証券によると、「新たに投資の初心者が多く入ってきている印象があります」と話す。

   とはいえ、FXに限らず、「投資」は山あり谷あり。常に勝てるわけではないことはわかっていても、「負け」が込んでくれば、やめてしまう人も多い。そうしたなか、インヴァスト証券で実際に取引をしている個人投資家に「取引を続けるコツ」を聞いた。

news_20160708145333.jpg

「プレイヤーではなく監督」という今までにないコンセプトに惹かれた

   自動売買の「シストレ24」を使いはじめて4年目という、高田浩史さん(仮称、36歳)はかつて自分で取引する「裁量取引」からFXをはじめた。「3か月ほどやってみたものの、10万円ほど負けて......」と、悔しそうにその結果を話す。

   「最初は3万円くらい順調に勝ったんです。でもそのあと、ものの見事に負けました。稼いでいた方法がすぐに通用しなくなって、そこでやめておけばよかったのですが、やめられませんでした」と振り返り、「やっぱり、そのへんが素人なんですよね」と苦笑する。

   高田さんが「シストレ24」を利用したきっかけは、雑誌の広告だった。「広告に掲載されていた『シストレ24』のツール画面が、他のFX会社のシステムより使いやすそうに見え、コンセプトが面白いと思ったから」という。

「シストレ24」の取引ツール。ポップなアイコンが特徴
「シストレ24」の取引ツール。ポップなアイコンが特徴

   当時、雑誌に書かれていた「シストレ24」のコンセプトは、「あなたはプレイヤーではなく監督」。

   インヴァスト証券が提供する「シストレ24」は、売買プログラム(ストラテジー)に取引を任せる。「シストレ24」が提供する売買プログラムは、専業のFXトレーダーや元ファンドマネージャーなどプロ中のプロがつくったもの。

   運用者はそれらのプログラムを管理する、つまり「監督」の立場と似ているというわけ。さきほど紹介した「シストレ24」のコンセプトのとおりであれば、「シストレ24」ならFX初心者でも「監督」デビューは難しくないのだ。

   「『シストレ24』での初めての取引は2013年夏。やはりドル/円からはじめました。1ドル100円近辺を行ったり来たりという相場でしたが、アベノミクスの勢いがまだ続きそうな感じだったので、とりあえずそのままにしておいたところ、11月ごろからまた円安トレンドに突入して、それなりに利益を獲れました」と明かす。

「やっぱり素人感覚は通用しない世界だと思います」

   つい最近、こんなことがあった。2016年2月、日銀がマイナス金利政策を取り入れたばかりのときだ。

   「円安に向かうのか、円高に向かうのか、正直わかりませんでした。結果的に円高が正解でしたが、私自身は正直なところ『また円安に向かうでしょ』と思っていました。でもストラテジーに任せていたので、大ケガはしていません」

   自分の直感に従っていたら、危ないところだったと振り返る。「FXはやっぱり素人感覚が通用しない世界だと思います」と、つくづく感じているようだ。

   ふだんは真面目なビジネスマンの高田さんは、日ごろは仕事に追われ、FXの勉強に時間を割くにも限度があった。「相場の指南書はいっぱい出ていますけど、相場の読み方や売買のタイミングなどを身につけるには相当苦労すると思います。実際、本を読んでもよくわかりませんでしたし......。そう考えると、『シストレ24』は多少の勉強不足でも、大ケガせずにFXに参加できるツールだと思います。相場が動いていれば、『シストレ24』は勝手に判断して取引してくれる点も精神的にもラクですね」と語る。

「一気に都合よく勝てないけど、負けにくい印象」

   FXは一気に、自分に都合よく勝てるわけではない。それは「シストレ24」でも同じで、基本的には長期運用のつもりでじっくり使ったほうがいいようだ。高田さんが続ける。

   「1万円、2万円と少しずつ利益が溜まっていき、私の場合は10万円の利益を超えたら、『そのまま桁が変わらないよう利益を維持したい』と思い始めました。そうなると、裁量で取引していたときのように大きな利益を望んで、無茶をするようなことは滅多になくなりましたね」

   投資には「相場は明日もある」という格言があり、高田さん自身もそう感じているようす。「きょう頑張らなくても、いつか大きく勝てる日が来るので、焦らないことが肝心です。よく雑誌で紹介される、『FXで月、数百万円!』も稼げるようになるのは、相当資金が溜まってからでしょうね。少しずつ(金額の)ケタが変わっていくのを眺めながら、そのときを待ちます」と、今後の展望を語る。

   高田さんは、周りの知人らに「シストレで本当に勝てるの?」と、聞かれることがあるそうで、そんなときはこう答えているそうだ。

「じゃあ、逆に自分でやって勝てるの?」

   裁量取引の経験をもつ、高田さんが得た一つの結論がシストレなのかもしれない。

   高田さんを魅了する「シストレ24」。もっと詳細を知りたい、という方は下記バナーより確認してほしい。

news_20160708145333.jpg
※国内ミラートレーダー取扱業者中 口座数NO.1 2015年10月1日トレーデンシー社調べ
【リスク・費用などについての重要事項】 本取引は、取引通貨の価格および金利等の変動により損失が生ずるおそれがあります。また、スワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。当社は、必要証拠金率が一定水準以上となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は、預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。

●売買手数料は、新規注文・決済注文ともに無料です。

●投資助言報酬は、1k(1,000通貨)あたり片道1円(税込)となり、スプレッドに含まれます。

●本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。

●証拠金は、時価評価額の4%の額(円換算額)で、証拠金の25倍までのお取引が可能です。

●「シストレ24 Mirror Trader」(以下「本サービス」といいます)は、お客様がストラテジーを選択し、選択したストラテジーが設定したシグナルにしたがって自動売買を行う取引システムです。また、お客様の裁量により、手動売買を行うことも可能です。

その他の重要事項については、ホームページを必ずご確認ください。

インヴァスト証券株式会社

本社所在地: 東京都港区西新橋一丁目6番21号 NBF虎ノ門ビル

代表者  : 代表取締役社長 川路 猛

資本金  : 59億6,508万円

設立   : 昭和35(1960)年8月10日

事業内容 : 金融商品取引業

登録番号 : 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号

加入協会 :一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中