「ユーミン」ツイッターが突如ブチ切れ 「何かこわい」と動揺広がる

印刷

   シンガーソングライターの松任谷由実さんが2016年10月14日、ツイッターで「メンヘラ?早く滅びておしまい!」などと言及、ファンらの間で「ユーミンのツイッターがこわい」という声が上がっている。

   大御所ともいえる彼女がツイートでなぜ......と驚きを隠せない人も少なくないようだ。

  • 2016年11月2日に発売されるユーミンの最新アルバム「宇宙図書館」
    2016年11月2日に発売されるユーミンの最新アルバム「宇宙図書館」

突然の毒舌

   松任谷さんは10月14日昼、ツイッターに

「【松任谷由実】メンヘラ? 早く滅びておしまい!」

と投稿した。「メンヘラ」は、「メンタル」面に問題がある人、といった意味で使われることが多い。

   松任谷さんはその1分後にも、

「【松任谷由実】ワードが出来ると、それに甘えて寄りかかるやつが許せん!『僕、フリーター』って開き直るな!ツンデレとかもサブカルからきてるよね。『私、サブカル』って甘えるなよ。カルチャー知らないくせに!」

と毒づいた。ツイッターには「ユーミンのTwitter激しいな!?」「ユーミンのツイッターがこわい」と動揺する声が寄せられた。

   松任谷さんがどういう経緯で激怒しているのかは分からないが、そもそも彼女がツイッターのアカウントを持っていたと知らなかった人も多かったようだ。エッセイストの能町みね子さんが15日、

「ユーミン先生、現時点でフォロワー12000人しかいず、知名度の割に少なすぎるのでツイッター最近始められたのかと思ったらなんと5年前からやってた、けど、5年間で300ちょっとしかツイートしてない!6日に1回くらいしか書かないレアツイッタラー」

とびっくりしていたように、このアカウントは2011年12月2日から存在していた。もっとも開設以来、16年8月26日まで、基本的に松任谷さんの出演情報ばかりだったが9月1日、

「【社員1号】今日から「YUMING STAFF」を「松任谷由実 Official」に名称変更しました!これまで以上にパワーアップしてお伝えします」

と投稿し、9月7日には

「【社員1号】突然ですが、明日、このTwitterにユーミンが降臨します」

と宣言。翌日、「ユーミン」が顔写真付きで姿を現したのだ。

「ユーミン早くTwitterやめた方がいい」

「【松任谷由実】降臨したよ~さて、何やって欲しい?(笑)」

   松任谷さんのツイッターは8日、そう投稿した。その日以来、「【松任谷由実】」の署名がほぼすべての投稿に添えられており、料理の写真や芸能人とのツーショット、自身の曲「気づかず過ぎた初恋」の歌詞などが発信されている。

   「【松任谷由実】」と書かれていても、それが本人によるものか定かではないが、ツイッターでは多くの人が「ユーミン」の発信だと信じているようだ。

「なんだかユーミンらしいお茶目な画像も色々載ってる」
「まさかツイッターでユーミン本人が自宅を公開してくれるとは思わなかったな」

と、ファンを楽しませていた。

   だが、14日の怒りを露わにしたツイートをきっかけに

「ユーミン早くTwitterやめた方がいい」
「なぜか、ユーミン様がTwitterで切れておられる。ちょっと心配。お疲れかなあ?(汗)」
「ユーミンのツイッターちょっとびっくりした。ツイッターって、友達にしゃべる感覚で書いちゃうとおかしくなる時があるよね」

という声が寄せられ始めている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中