2019年 3月 22日 (金)

PS3発売前に これだけの不安

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プレイステーション3(PS3)は本当に大丈夫か。楽観的な見通しを語る人は少ない。ゲームファンは「PS3」には関心を示さず、「ニンテンドーDS」で遊ぶのに忙しい。ソフトメーカーの中にはソフトの開発を突然延期するものも現れた。「PS3」の未来に不安を感じているからだ。

   「PS3」は2006年11月11日に税込価格62,790円で売り出される。次世代DVDのBD(ブルーレイディスク)再生機能を搭載し、スーパーコンピュータ並みの演算能力がウリだ。

開発タイトルや発売日が突然、雑誌から消える

PS3は大丈夫?
PS3は大丈夫?

   発売が2ヵ月後に迫ったPS3だが、J-CASTニュースソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)広報に対して「PS3はPS2と比べ、処理能力などどれくらい優れているのか」と聞いてみた。すると、

「うまく言えない」

という答えが返ってきた。PS3の最大のウリは、ソニーが世界標準企画を目論む次世代DVD「BD」再生機能の搭載なのだ。決してゲーム機ではない。しかも、PS2時代のDVDとは異なり、BDが普及するかは全くの未知数である。

   日本では、PS3用ゲームの開発タイトルや発売日がゲーム誌に掲載された後に、それらが突然、消えてしまった。そんなソフトメーカーがたくさんあるのではないか、とネットで話題になっている。ゲーム業界関係者はこれについて、

「メーカーは『ニンテンドーDS』でのソフト開発で潤っているので、PS3にチャレンジするよりも、今後も伸びていくことが確実なDSをベースに考えようという動きがあります。だから、あせってPS3のソフト開発をせず、ころあいを見て出そうという動きだと思います」

と分析する。携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」は発売後20ヶ月で国内1千万台を超え、ソフトでもミリオンヒットが続出するなど、97年から市場が縮小してきたゲーム業界にとって希望の星で、「ユーザーは既にDSをゲーム機に選んでいて、PS3には向かわない」という見方も出ている。PS3発売後も、PS3用ゲームソフトが増えないことも予想される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中