2019年 8月 22日 (木)

実名・顔写真報道 ネット上では「問題は無い」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   山口県周南市の徳山工業高専の女子学生が殺害された事件で、指名手配された未成年の男子学生 (19)の報道を巡ってマスコミが揺れている。実名・顔写真報道をすべきかで、新聞、テレビなど大手マスコミは、判断が分かれたが、インターネット上では「(実名・顔写真報道に)問題は無い」とする見方が大勢だ。

   『Yahoo!投票』では、2006年9月8日から「徳山高専女子学生殺害事件で一部報道機関が少年を実名報道しましたが、この判断をどう思いますか?」というアンケートを行った。同11日18時までに 計43,954件の回答があり、「問題ない」が76%と圧倒的だった。「問題だ」は18%。「少年の死亡後であれば問題ない」が5%。「わからない」が4%だった。

「実名報道やむなし」の意見が多い

ネット上での投票では「実名報道問題なし」が圧倒的
ネット上での投票では「実名報道問題なし」が圧倒的

   Q&A(質問と回答)サイトや掲示板などのカキコミを見ると、やはり「実名報道やむなし」の意見が多く目に付く。

「というかむしろ実名&写真付き公開指名手配にしてもらわないと安心して生活できません」
「最近あまりに凶悪な少年犯罪が起きるので少年法は要らないような気がしてる」
「被害者だけ実名報道と顔写真か。理不尽...殺人犯に人権も糞もないだろう。法相は少年にも家族がありって言っていたが被害者にも家族はある」
「そもそも『少年法』なんかに捕らわれず、犯人の顔と実名を公表していれば、犯人が自殺する前に取り押さえられたかもしれない」

   もっとも、実名報道への批判も散見される。

「マスメディアは死んだ人間ならどのようなこともしていいという倫理にかけた思考があります。実際には彼が本当に犯人なのか。これすらわかっていない状況です」
「週1回しか出さない速報性のない週刊誌が実名報道してなんの役に立つのか」
「被害者の情報が公開されすぎていることについては、問題に思わないのでしょうか?被害者の人権は、あまり省みられていないと感じます」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中