2019年 9月 18日 (水)

被差別部落の所在地 2ちゃん流出騒動

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   差別図書とされる全国の被差別部落の所在地などを記載した「部落地名総鑑」がネット上の掲示板2ちゃんねるに流出したことが2006年10月26日までに明らかになった。掲載の通報を受けた法務省は「差別をあおる行為で見過ごすことはできない」としているが、その後も被差別部落の地名と思われるカキコミをする者が後を絶たない。

   問題となっているのは、「部落地名総鑑」と呼ばれる全国の被差別部落の所在地などを一覧にしたもの。これまで、結婚や就職の身元調査に悪用されてきた、とされる。

2ちゃんねる側が「部落地名総鑑」を削除した

2ちゃんねるでは「部落地名総鑑」流出の話題で盛り上がるが、地名をカキコミする者もいる
2ちゃんねるでは「部落地名総鑑」流出の話題で盛り上がるが、地名をカキコミする者もいる

   06年10月21日に2ちゃんねるに部落地名総鑑に関するカキコミと一覧を入手できるリンクが貼られていたことを三重県内の公務員が発見、三重県人権センターに通報した。2ちゃんねるでは記載されたリンク先に飛んで、パスワードの入手方法に従うと、「部落地名総鑑」を閲覧できる仕組みになっていた。

   法務省は通報を受け、削除要請を2ちゃんねる側に行うことを決定したが、すでにスレッドの容量がオーバーし、閲覧できない状態になっていた。2ちゃんねるは、会員制の「過去ログ倉庫」というもので、容量オーバーで閲覧不可になったものも閲覧できる可能性もあるが、法務省人権擁護局によれば、ここでも「部落地名総鑑」の流出は確認できなかった、という。つまり、2ちゃんねる側が削除したということだ。

   法務省人権擁護局はJ-CASTニュースの取材に対し、

「『部落地名総鑑』の内容は把握していない。しかし、内容が事実であっても、そうでなくても地名を特定するもので、結果的には差別を煽る由々しき行為であり、見過ごすことはできない」

   と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中