2019年 9月 15日 (日)

「自分たちと同じキモチ」 ケータイ小説 女子中高生に超人気

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

「『本を1冊読み通した』という経験がない人が買う」

   たった4人のスタッフでこれだけのベストセラーを送り出すとはスゴイが、山下さんは、その秘密をこう明かす。

「『文章はへたくそだけれど自分たちと同じ体験をしている』という、読者のニーズを分かってるんですよね」

   さらに、「Deep Love」がヒットした時の現象を「ケータイ小説の第1期黄金期」とし、それ以降ケータイ小説がブームになった背景を、こう分析する。

「実は、ケータイ小説の読者(主に14歳~20歳の女性)には『本を1冊読み通した』という経験がない人もおられて、ウェブにしろ書籍化されたものにしろ、ケータイ小説を読んでみたら『全部読めちゃった』ということで、ケータイ小説を好きになる、というケースが多いようです。さらに『自分たちと同じキモチ、空気感を共有できる』ということで、『私たちが読むものだ』という意識を持ってもらっているのではないでしょうか」

   06年には「第1回日本ケータイ小説大賞」という賞も設けられ、大賞(グランプリ)作品「クリアネス」は書籍化されて出版されたばかり。
   今後もケータイ小説は、注目を集めそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中