2019年 7月 20日 (土)

「社歌」ブームの兆し 本が売れ、カラオケ店も登場

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   学校に「校歌」があるように会社には「社歌」がある。その社歌が俄然注目されている。有名企業の社歌を扱った単行本が売れ、社歌が歌えるカラオケ店も登場するのだという。

「社員の結束が強まった」といった感想が寄せられる

「社歌」という書籍が人気を集めている
「社歌」という書籍が人気を集めている

   社歌が俄然注目を集めるきっかけになったとされるのが、文芸春秋が2006年11月に出した単行本、そのタイトルもズバリ「社歌」だ。なぜいま社歌なのか。文芸春秋はJ-CASTニュースの取材に対しこう答えた。

「会社が元気になってきたので、何か会社をヨコに切れるような企画はないものかと考えていた。社歌、社員章などの企画が上がり、社歌がおもしろい、となった」

   初版の8,000部が売りきれそうな状況で、近く増刷を行う。この本に書かれているのは、キヤノン資生堂TOTO吉本興業など大企業の社歌。目次には「川崎重工業―歌詞のスケールも『重厚長大』」、「JASRAC―音楽業界の『お目付役』の会歌」などが並んでいて面白そうだ。文芸春秋は、

「本に登場する社歌を、その会社の社員が読んで、『うちにも社歌があったのか』『社員の結束が強まった』などといった感想が寄せられています」

   と話した。どうやら、社歌があるというのは嬉しいことらしい。

   「社歌が歌えるカラオケ店」なるものも登場する。カラオケ店運営の鉄人化計画が、自社店舗に企業の社歌を配信するサービスを始めるのだ。既存の社歌をカラオケ用にアレンジし、社歌に合った画像を撮影。それを店舗に配信することで、社員はいつでも社歌が歌えるという仕組みだ。最初は東京の新宿店、銀座店でスタートし全国に現在約30ある店舗に順次拡大していく。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中