2021年 9月 23日 (木)

社員旅行いきたい人急増! 景気回復で「社員団結」の兆し?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   社員旅行といえば、つい最近まで「企業家族主義のカビ臭い匂いがする」「職場以上に気を使う」「宴会でセクハラ」などと毛嫌いされた存在だったはず。それが、このところ風向きが変わってきた。「社員旅行に行きたい」。そんな会社員が増えているそうだ。「社員同士で会話がしたい」「共通の思い出を作りたい」のだという。

コミュニケーションが少ない人と会話ができてよかった

近畿日本ツーリストでも、社員旅行におすすめのツアーを紹介している
近畿日本ツーリストでも、社員旅行におすすめのツアーを紹介している

   「gooリサーチ」が2007年7月30日に発表した「社員旅行に関するアンケート」によると、社員旅行をどう思うかと尋ねたところ、「あったほうが良いし参加したい」が34.2%、「無くなっても良いが参加したい」が16.6%だった。このほか「あっても良いが参加したくない」という微妙な答えが31.3%。全体にかつてのような社員旅行アレルギーは消えつつある。

   また、社員旅行に行って良かった点は、「コミュニケーションが少ない人と会話ができた」が25.5%とトップ。「共通の話題、思い出になった」18.1%、「仕事だけでは見えない面に気付いた」が15.9%と続く。この結果を見る限り、旅行に行って、触れ合いを求めたがっているようなのだ。

   J-CASTニュースJTBに取材すると、バブル崩壊以降社員旅行は減り続け、3~4年前が底だった。この後、徐々に増えてきているのだという。それを裏付けるように、税務研究会発行の月刊誌「スタッフアドバイザー」02年12月号の「ホントはやめたい? 社員旅行に行きたいですか」という特集では、「社員旅行はもう不要」が72%。「必要」が28%。

   この理由を同編集部では、「相手を知らない、知ろうともしないことが原因。余裕があった時代には上司と部下、あるいは同じ職場内に仲間意識があった。社員旅行はそんな時代の象徴かもしれない」 と分析している。

   その後、2005年に毎日コミュニケーションズの「エスカーラカフェ」が、300人の女性会員にアンケートしたところ、「社員旅行は楽しかったですか」について、「はい」が34%。「いいえ」が10.3%。「どちらでもない」が55.7%。「社員旅行は必要か」で、「必要」が18.7%。「必要でない」が33.7%、「どちらでもない」が47.7%と、社員旅行に対する評価が多少回復していて、「社員旅行や社内飲み会は、その人の背景を知るいい機会だ」などという専門家の意見が掲載されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中