2021年 9月 20日 (月)

「さんまさんがお手本」 離婚の花田勝に批判次々

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   離婚を明らかにした元横綱若乃花の花田勝さん(36)が、元妻に語ったとされる「(明石家)さんまさんのように生きたい」という発言が不評だ。結婚生活中に浮気を重ねたとされる生き方が、さんまさんとは似ても似つかないという理由からだ。

数々の浮気に美恵子さん「裏切られた」

未だに今回の離婚について釈明がない花田勝さんのブログ
未だに今回の離婚について釈明がない花田勝さんのブログ

   1男3女の子宝に恵まれ、幸せそうに見えた勝さんと妻の美恵子さん(38)が、連名で各マスコミにFAXしてきたのが2007年10月3日。そこには、2日付で離婚届を出した経緯や理由などの説明はなく、「2人で時間をかけて話し合い、このような結果となりました」などと淡々とつづられていた。ところが、4日発売の「女性セブン」10月18日号には、独占スクープインタビューとして、勝さんの浮気に傷ついた美恵子さんの赤裸々な告白が6ページにもわたって吐露されていた。

   それによると、美恵子さんは、度々報道される勝さんの女性問題に、何度も別れようと思った。特につらかったのが、巡業先の福岡で98年、20歳の女子大学生との不倫が報じられた時だったという。そこでかなりの人間不信になり、美恵子さんは、子育てに大変なのに「裏切られた」と感じた。ところが、勝さんは「なんでもない」というだけ。そして、あるとき、「お願いだから、浮気をしてもいいから、私には絶対わからないようにして」と言うと、勝さんは「おれは嘘つけないから無理」と言い放ったという。

   次第に愛情を失った美恵子さんは02年、自らの申し出で別居することにした。勝さんがちゃんこ店出店準備などで忙しく、2人がほとんど顔を合わせなくなったのがきっかけだった。そして、07年1月、勝さんから突然離婚を切り出され、美恵子さんの雑誌の仕事が終わるこの10月に離婚することにしたという。

   そのときに勝さんが漏らしたのが、「さんまさんのように生きたい」との言葉だ。美恵子さんによると、「家庭には縛られないで子供とは時間が許す限り会う、出かけたいときに出かける…そんな自由人みたいな暮らしがしたい」というようなことを表現したのだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中